下水道機材製造と総合リースのイケダ
私達は、社会のインフラ整備に貢献し、
快適な生活を送れることを考え行動してます。
下水道機材製造と総合リースのイケダ
下水道機材の製造リースのご案内技術紹介会社概要わが町の下水道下水道「一口メモ」下水道「あらかると」
 
 
お問い合せ サイトマップ
下水道機材の製造
リースのご案内
油圧ポンプユニット
油圧ジャッキ
クレーン関係
電動ホイスト
トラバーサー
技術紹介
会社概要
わが町の下水道事業
下水道「あらかると」
下水道「一口メモ」
トップページ
トップページ>技術紹介>超大口径管推進工法組立の推進
   技術紹介  

現在の工法に加え、問題視されている状況を解決すべく
「イケダ」は「超大口径管推進工法組立」を推進していきます。
 
超大口径管推進工法組立の推進
Q1. なぜ、今 口径3000mmを超える超大口径管推進工法が必要なのか?
A1. 現在、下水道整備が概成した大都市域では、従来からの合流式下水道の改善に加え、都市型雨水浸水対策の強化等が喫緊の事業課題とされているため
   
Q2. 口径3000mmを超える超大口径管推進工法を前提とする背景には、何があるのか?
A2. シールド工法の採用に当っては、立坑の設置用件が厳しいこと、施工期間が延びること、二次覆工の厚み分だけ掘削土量が増加することが懸念されるため
   
Q3. 超大口径管推進工法の問題点は?
A3. 現行の「道路交通法」による車両の高さと「道路構造令」による基本的なトンネルの内空断面や軌道下アンダーパスなどの構造が問題
 
このような問題を解決したのが超大口径管推進工法組立です。
(1) 2分割の推進管を用いる
(2) 立坑内あるいは発進立坑ヤード内で組立て、結合する
(3) 推進管の呼び径は3500, 4000, 4500,5000mmの4種とする
(4) 掘進は元押を基本とする
 
元押し全体組立計画(pdf:268KB)

ページトップへ戻る▲  
下水道機材の製造リースのご案内技術紹介会社概要わが町の下水道下水道「一口メモ」下水道「あらかると」  
株式会社イケダ 〒960-0408 福島県伊達市岡沼46
TEL:024-584-2121(代) FAX:024-584-2123
 
Copyright (C) 2005 Ikeda Co.,Ltd. All Rights Reserved.